2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'11.25 (Tue)

犬の認知症について

メディカルアロマ(レシピ・3

犬の認知症について


 「認知症」とは、今まで「痴呆症」あるいは「ぼけ」などとよばれていた人間の病気の名称です。しかし、犬も人間と同じように長生きするようになり、同じような症状がみられるようになってきました。
 この病気は
   1・脳細胞に供給されるω(おめが)3・ω6の供給不足 
   2・血液のうっ血、うっ滞      
   3・脳細胞の感受性の低下      などでおこります。

犬における認知症の主な症状
 12歳以上の日本犬または日本犬の雑種に多く発症します。
   ・ よく食べてよく寝て下痢もしていないのにやせてくる
   ・ ぐるぐると旋回運動をする
   ・ 昼夜の逆転で夜鳴きがひどい
   ・ 狭いところに頭を突っ込んで後退できない  

 などの症状がみられます。 

この症状を軽くするメディカルアロマのレシピは
   ・ オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・ω3・ω6を多く含む
   ・ イブニングプリムローズ(月見草油)・・・・    〃
   ・ ティートリー・・・・・・・・・・・・・・うっ血・うっ滞を改善
   ・ アカマツヨーロッパ・・・・・・・・・・・脳神経細胞を活性化
        をよく混和したオイルを作り、一日二回服用します。

   詳しいことは担当スタッフまでお尋ねください。          (新家弘美)
スポンサーサイト
18:00  |  メディカルアロマテラピー  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。